自分を自分で成長させる12のテーマを、身体を動かしながら五感を刺激したアートワークで楽しく学ぶ、感性Lab.の新感覚ワークショップ。楽しくカラダを動かしながら、他者を理解するコミュニケーションや自分と向き合う時間をもちませんか?

こんな方へおすすめします。

☑本を読んだり話を聞くだけでは、ピンとこない
☑よいアドバイスでも、自分には合わないと感じる
☑夢があっても、できない理由でおさえこんでしまう
☑相手の顔色ばかり見て、自分の意見が言えない
☑もやもやイライラの解消方法が分からない
☑もっと、人と分かり合いたい

飛躍のカギは、アウトプットにあり

なりたい私になる2つの心の技術。

今を越えてなりたい私になるために必要な、2つの心の技術を磨くのが、感性Art・ワークショップです。

<1> コミュニケーション力を磨き、周囲との新たな調和を生みだす共感する力

<2> 飛躍したなりたい私から逆算できる、創造する力

2つの心の技術の相乗効果で、飛躍した発想が生まれ、新たな調和を生みだせるようになります。

感性Artメソッドの楽しいアートワーク

感性Artワークショップでは、言葉にならないもやもやしたものを、カラダ使って五感で感じ、さまざまな手法で表現をするアートワークを多用します。そこから導きだされる自分の気づきが、あなたの中にある心の宝物です。

共感力ワークショップの目的

自分もお客様も気づいていない真の目的を質問と対話によって発見し、新しい価値を創造し、お互いが成長することが、共感コミュニケーションの目的です。

やがて、そのことが社会のゆたかさにつながっていく。
それがチームとして組織人としての目的といえます。

そして、共感力ワークショップの目的は、人の真の目的を発見し、新たな価値を創造し、成長する人となるために、気づきを重ねていくことです。

共感力を実践で使えるようになるには、「受信する技術」「発信する技術」「心の技術」を磨くことが効果的です。

共感力 1テーマWorkshopの内容

どこから受けても役立つ。続けて受けて深まる6テーマ

<1> 信頼されるボディーランゲージの実践

【目的】ワークを通じて、自分自身の表情や態度がどのように人に影響するかを知る
【ゴール】作法としてではなく、人間本来の感じ方に気づき、実践に活かす

<2> 息の合った会話のキャッチボール

【目的】自分本位ではなく、お互いの息を合わせて、会話を弾ませる方法を体得する
【ゴール】呼吸やリズムで会話を弾ませて、会話が深まる感覚がつかめるようになる

<3> 相手の「ホンネ」を引き出す質問法

【目的】相手も自分も気づいていない「真の目的」を質問と対話で引き出す
【ゴール】心の奥にあるホンネ。真の目的を引き出すための質問の仕方が身に付く

<4> 人生のシナリオに寄り添う話の聴き方

【目的】「話を聞く」から「相手の人生を聴く」というレベルまで傾聴力をUP
【ゴール】より相手に共感を示す会話の仕方が身に付く

<5> 失敗から成長へと導く会話の進め方

【目的】「ピンチをチャンスに変える」コミュニケーションデザインを学ぶ
【ゴール】ダメだ!となっても立て直せる心の技術をコミュニケーションで実践する

<6> 人を惹きつける共感型プレゼンテーション

【目的】上手な話し方ではなく、心に届ける共感型なプレゼンテーションを学ぶ
【ゴール】普段の伝え方に、心理的エッセンスを加えられるようになる

創造力ワークショップの目的

人間の心のベースは、「現状維持マインド」です。現状維持は安定を求める生き方で、それ自体は、悪いことではありません。問題は「守りすぎ」です。過剰な守りは、アレルギーによる自己崩壊をまねきます。

今の時代は変化が激しく、自分自身も常に成長し続けています。つねに人生のシナリオをアップデートしていくことが、豊かな生き方につながります。

創造力ワークショップの目的は、今の調和を越えて成長し続けるために「創造的マインド」を磨くことです。

創造力を育てるために「目的」「信念」「自信」を磨きます。

創造力 1テーマWorkshopの内容

どこから受けても役立つ。続けて受けて深まる6テーマ

<1> 創造的マインド

【目的】枠を超えて創造的になる
【ゴール】体感ワークを通じて、「今の自分の越えたヴィジョンを見つける」

<2> 信念リニューアル

【目的】内側の「考え方」から外側の「行動」を変える
【ゴール】「役に立たない信念」を手放し、真の目的に合う「新たな信念」に切り替える

<3> Vision思考

【目的】イメージ&フィーリングでモチベーションUpにつなげる
【ゴール】「こうなりたい!」というイメージが心に刻まれる

<4> 意思決定タイムライン

【目的】大切なことは「頭の判断」ではなく「五感で決断」する
【ゴール】迷っていた事柄を、心の深いところで決断できる

<5> 6カード目的論アプローチ

【目的】「ピンチをチャンスに変える」思考デザインの活用
【ゴール】「問題の原因追求」におわらず、目的に立ち返り「創造的に課題」を解決する

<6> リフレーミング思考

【目的】物の捉え方を自由にして「可能性を発見」する
【ゴール】行きづまっている考え方から解放されて、違う角度から物事を見ることができる

だから、できる!
五感で気づく感性Artメソッド

理論モデルとワークで気づきを重ねる

募集中のワークショップ

現在は、法人向けクローズド・ワークショップ限定で、開催していています。法人のお客様で社内研修などをご検討中の方は、お問合せフォームからご連絡ください。

 

*下の表から、単科ワークショップをクリックしてください。
 ↓ ↓